読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベンチャーHR

サイバー・バズの人事部長小河原英貴のブログ

目標管理&振り返りシステム『TEGRAT』

さあ、月初です!ゴールデンウイークど真ん中ですが、月初です!

前月の振り返り、その上での今月の目標設定はばっちりできていますか?

サイバー・バズでは、それら振り返り・目標設定のために、TEGRAT(テグラット)という社内システムを運用しています。

 

 

f:id:ogawarahideki38:20160502214127p:plain

 

そもそも

このシステムは昨年5月にうちのエンジニアに内製してもらって運用しているのですが、名前の由来を説明しますと、「TARGET」(目標)から逆算して考えようということで、反対から読んだTEGRATとしています。これは当時新卒入社1カ月目だった現シニアエンジニアの佐々木君考案のネーミングです。

 

TEGRATの目的

目的は、目標設定を正しく行うことと、自分自身の評価と上司からの評価をすり合わせることです。TEGRAT自体はその手段。(なので、記載事項はできるだけ最小限にするように考慮しています)

営業でもエンジニアでも経理でも人事でも、「組織の中で出すべき成果」を定義し、そこから半期や月の目標に落とし込んでいくことが重要です。この目標自体がチームの成果に結びついていないものだとどんなに頑張っても評価しにくい結果となってしまいます。

また、前月結果に対しての自己評価を記載する欄とともに、上司からのコメントをもらう欄があります。上司は原則このコメントを書いてから、月1回行うメンバーとの個人面談をすることで、評価のすり合わせを行っています。メンバーの不満のきっかけはこの評価のズレであることが多いと考えており、月イチで評価をすり合わせていくこの一連の流れは大変重要だと思っています。

 

やっていること

・半期目標設定/半期振り返り

・単月目標設定/単月振り返り

・それらをもとにした月イチ面談

半期目標では、「成果目標」の他に、「学習目標」も設けており、成長させたいスキル・習得したい知識は何で、具体的にどういう状態になっていればOKかが分かるように記載することとしています。

 

メンバーごとの振り返りを一元管理できる

excelデータ管理だとどうしてもデータがあっちゃこっちゃいってしまい、上司が変わるタイミングなどでメンバーの過去の振り返りシートデータがいきわたらなかったりしていました。システムならそういった課題を解決できます。また、全メンバーの半期目標設定などを一覧で出したいときなどはCSV機能をつけてもらったのでかなり楽です。

 

リマインド機能

月初に振り返りを入力していないメンバーには自動リマインドメールが飛び続けます。当然人事にも誰が未入力かのメールが来ますので、口頭でのリマインド喚起もしやすいです。こういう施策自体、運用がかなり重要なウェイトを占めますので、絶対にやりきるリマインド機能は必要不可欠かと。

 

最後に 

運用開始してちょうど1年たったTEGRATですが、1番大事なのは目的を理解してやってもらうこと。「なぜこれをやるのか?」についてはしつこいくらい伝えていきたいと思います。